FC2ブログ

梅色夜話

◎わが国の古典や文化、歴史にひそむBLを腐女子目線で語ります◎(*同人・やおい・同性愛的表現有り!!)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『続門葉和歌集』 ~稚児の恋歌~ 

 お久しぶりです。
 アレなものをtopに放置してから1ヶ月以上……、もう11月も終盤ですが、11月といえば、ギムナジウム!! つーわけで今回は、日本のギムナジウム・寺子屋に通う稚児たちの、「恋歌」大特集です! (うぅ、強引)


 今回ご紹介する『続門葉和歌集』は、1305年成立。内容は醍醐寺の僧や稚児たちの詠んだ和歌を集めたものとなっております。この和歌集の編集には、門主の他、稚児たちも関わっているそうで、学校文集のノリを感じてしまいます。

 さて、さっそく稚児たちの歌をみていきたいと思うのですが、和歌を現代語に訳したり説明したりするのは、私の力では当然無理&情緒を失ってしまいますので、感じたままの感想を述べる程度にして、あとは皆様のご解釈にお任せしたいと思います。(紹介順は原典掲載順とは異なる場合があります)


 * * * * *

 ではまずはこんな歌。

 ◇ 涙こそ我が心より先立ちて言わぬに袖の色を見せけり  (観心院有夜叉丸)
   
 なんだか繊細ですね。うれしい状況なのか悲しい状況なのか気になるところです。
 
 続いて「待つ恋」というお題で三連発。

 ◇ 待てといひしその兼言は空しくて契らぬ月ぞ袖に宿れる  (寂静院孫鶴丸)

 ◇ たのめつつ来ぬいつはりに習いてもまた懲りずまに夕をぞまつ  (大智院幸乙丸)

 ◇ 頼めしもいつはりぞとは知りながらせめても今日の暮れを待つ哉  (妙法院幸若丸)

 いつまで経っても来ない恋人を待ち続ける心情。来ないことを知りながらどこかで信じているなんて、切ない!!
 一つ目の歌にある兼言(かねごと、予言)とは、約束のことです。兼言にまつわるこんな歌もあります。

 ◇ かねことの行末知らぬ習ひとは思ひながらもなを契るかな  (三宝院千手丸)

 千手丸くん、すごい恋愛体質みたいですね; 分かっているのにやめられない、みたいな……。 
 と、今までの歌からすると、稚児たちばかりが切ない目に会っているかのように思われますが、こんなこともあります。

 ◇(いつまでも変わるまじき由など申しける人に、心ならず疎くなり侍りければ申し遣わしける)
  かくばかり思ふにも似ぬ身の果てをいかに頼みし心なりけん  (大智院月光丸)

 相手から自分から、愛を告げたり別れを告げたり。物語に描かれる僧と稚児の恋は、悲恋であっても一途で永遠的なものですが、実際の寺内の恋愛模様はそうとう入り乱れていたようです。ドロドロとかあったのかな……。

 ◇ つらさをも身のことはりと知りながら何をかこちて涙おつらん  (釈迦院宝喜丸)

 「身のことわり」というのは、「自分のせいで」ということでしょうか。困難な恋をしてしまったのか、失恋したのか分かりませんが、思い通りにならない状況を嘆いているようです。

 ◇(年頃同宿し侍りける僧に思ひの外に離れてあつつ(?)に住みけるかたよりにつけて申し送り侍りける)
  荒磯のいまはの波のうつせ貝くだけてもまた逢瀬ありせば  (大智院月光丸)

 同宿=兄弟弟子ってことですか!? ロマンですねぇ。 って、あッ! この大智院の月光丸くんって、上の歌で恋人を振った子じゃないですか! 振られたのはこの同宿の僧なのか、また別の人なのか……。あらゆる可能性を考えはじめると、とまらないッ!!


 さて、次は「僧×稚児」ではなく……


 ◇(報恩院の永寿、ほかに住みてひさしくおとずれ去りしかば遣わし侍りし)
  契りしを待ちしたのみは昔にてうらみばかりぞ身に残りける  (報恩院吠若丸)

 ◇(返し)
  身を知ればかくともいかが云ふべきと心にこめて物をこそ思へ  (報恩院永寿丸)

 というわけで、稚児同士の恋歌のやりとりです。やっぱりこういうこともあったのですね~。「大好きな子が転校」だなんて、幼心には相当なダメージですよ。しかしどうして永寿丸くんは遠くへ行ってしまったんでしょう。その時の様子が、雑歌の部にありました。

 ◇(秋の頃、心ならず人に伴いて遠き国へまかり侍りけるに、月明かかりける夜、おのおの別れを惜しみて月の十五首の歌詠み侍りける中に)
  憂にたへてもし長らへば今宵見る月や都の形見なるべき  (報恩院永寿丸)

 自分の意思でないのは当たり前なんですが、「人に伴って」という「人」は親ではないのでしょうか。師匠とかかなぁ。しかし歌の言葉から見るに、つらい上に命の危険がある? まさかドナドナ……なんてことはないよね?
 永寿丸くんの歌はまだあります。

 ◇(恋歌あまた詠みて人のもとへ遣はし侍りし中に)
  わするなよ人こそ今はつらくとも共に待ちみし山端の月  (報恩院永寿丸)

 この恋歌を送られたのは、吠若丸くんなのでしょうか。しかし謎な歌です。「人」ってダレのこと? 永寿丸くんを遠国へ連れて行った人と同一人物なのでしょうか。想像で語ると、永寿丸くんと吠若丸くんの恋は成就の困難な状況にあり、それによって永寿丸くんには気苦労が絶えないにも関わらず、吠若丸くんは愛を要求するという……。永寿くん、可哀相。吠若丸くん、もうちょっとカシコくなろうね(でもそこが可愛いんだろうな)。


 最後は、実はこの恋の部の一番初めに収められている歌。

 ◇(はじめたる恋の心を詠める)
  おぼつかなまだ身に知らぬ思ひにもいつ習ひてか涙落つらん  (蓮蔵院右王丸)

 あ、甘ずっぱ~いッ!!! ビバ初恋vv 情緒ぶち壊す前に、もういっちょ右王丸くんの歌。

 ◇心には忍ばぬものを今はとて向かふとなれば言の葉ぞなき  (蓮蔵院右王丸)

 繊細な心を持つ右王丸くんの歌は、素人意見なのですが、他の子の歌よりもクオリティーが高いように思われます。実際、恋歌のみならず、春夏秋冬・雑歌の部にもたくさん収録されています。
 
 ◇ 忘るとも浮名立てぬを情けにて今宵の夢を人に語るな  (蓮蔵院右王丸)

 する恋も、他の子とは違ってオトナな感じ……(ホントに初恋か?)。こんな子に愛された人はどんな人だったのでしょうか。



 700年前の少年たちの恋歌、いかがでしたか? この歌が彼らのナマの心情と言い切ってしまうワケにはいかないとは思いますが、やはり「稚児」というのは現代人・過去人、男と女……といったカテゴリーには分けられない、なにか別の生き物のように感じます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://umeiro.blog7.fc2.com/tb.php/181-122d0c7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。